読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節のことを調べるblog

季節のイベント、行事に関係あることを調べるブログ

氷瀑ツアー(七滝、御船の滝、流星の滝)とは?

氷瀑ツアー

冬の寒さに震えているだけではつまらない!という元気印な方におススメなのが「氷瀑ツアー」です。
氷瀑とは、滝が冬の寒さで凍り付いたものをいいます。
断崖絶壁から落ちる水の流れそのままに凍り付いた景色は、寒さを超えてその壮観さに身震いするほどです。

命知らずのクライマーたちは、この凍り付いた滝をアイゼンやピッケルでよじ登っていくのですが、そんな危険なトライはしないでも荘厳な氷瀑をめでに行くツアーが多数企画されているのです。



http://www.flickr.com/photos/28626380@N00/6845635125

photo by JMiu

 

氷瀑七滝スノーシューツアー

七滝は秋田県小坂町にある滝です。
日本の滝百選にも選ばれている名瀑で、高さ60メートルの落差とともに、七段にわたって流れ落ちるスケールが人気です。
この冬の七滝を、スノーシューを履いてクロスカントリーを楽しみながら見に行こう、というのが「氷瀑七滝スノーシューツアー」です。

東北の霊峰岩手山から流れ落ちる滝が、流れ落ちながら厳寒の空気に凍り付いた氷瀑を作り出しているのです。
雪深い八幡平の雪原を静かに静かに歩きながら、氷の美しさを心に感じてみましょう。


大阪や名古屋からなら御船の滝氷瀑ツアー

奈良県川上村の御船の滝(みふねのたき)は落差50メートルの2段になった滝です。
近畿圏にある氷瀑として人気を集めているスポットです。
近場のホテルをスタートしての氷瀑ツアーには、防寒着とアイゼンは持参しなければなりません。


日光の名所に隠れた雲竜渓谷氷瀑トレッキングツアー

東京からほど近いながらも険しい国立公園である日光。

徳川家ゆかりの東照宮の裏手に隠れるようにして凍り付いているのが雲竜渓谷氷瀑です。
関東の気候ゆえ、わずか3週間ほどしか見られないという期間限定の荘厳な自然のステージなのです。
1月下旬から2月上旬の厳寒期にこそ、その姿が映えるのです。

地元のアウトドアショッブで開催するトレッキングツアーなら、アイゼンやストック、ヘルメットなどの安全装備のレンタルが含まれたガイド料金です。

落差120メートル、滝幅100メートルというスケールの大きな氷瀑に圧倒されることでしょう。
怖さも日ごろのストレスも忘れて、ただその存在感に圧倒されてください。

 


寒さのメッカ北海道の銀河の滝・流星の滝の氷瀑スノーシューハイキング

寒さといえば北海道。

北海道の中心に君臨する大雪山系層雲峡。
そこにある銀河の滝・流星の滝も氷瀑で有名です。
落差120メートルは北海道で最大の氷瀑です。
この天然の氷瀑を至近距離から眺めるためのスノーシューハイキングが行なわれています。
人間の限界をはるかに超えた自然のパワーをひしひしと実感することでしょう。


日本各地でみられる氷瀑は、自然の恵みであるがゆえその年の気温に左右されるものです。
みられる日付を特定することができないからこそ、「見てみたい!」という気持ちがより強くなるのでしょう。