読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節のことを調べるblog

季節のイベント、行事に関係あることを調べるブログ

そうめん、ひやむぎ、うどんの違いについて調べてみた

夏になると乾麺ばかり食べてしまいます。

そうめん、うどん、ひやむぎの違いについて調べてしました。

 

a0002_001678

 

そうめん、うどん、ひやむぎの違い

そうめんとうどんには、明らかな違いが存在しています。

一番分かりやすい所では太さによる違いです。

消費者庁の乾めん類品質表示基準によると、

そうめんは直径1.3mm未満

うどんは直径1.7ミリmm以上

そして、この中間の直径1.3mm以上1.7mm未満に、ひやむぎという食べ物が入ってくるようです。

 

例外もある

確かにこの太さという観点だけを見ると、明らかにそうめんとうどんには違いがあるのですが、ただ例外と言うものも存在しています。

うどんには細うどんという明らかにうどんの規格より細いうどんがあり、日本3大うどんのひとつと言われている稲庭うどんなどは、うどんの太さではないのにうどんと認められています。

そうめんでも有名なところでは半田そうめんというものがありますが、これは逆に明らかにそうめんよりも太いです。

稲庭うどんも半田そうめんも、どちらも太さでいえばひやむぎになるのかもしれませんが、どちらもその太さでも一応うどんやそうめんとして認められています。

 

製法の違いもある

ただ製法には明らな違いがあり、うどんやひやむぎと違ってそうめんに関しては、伸ばす過程で油を塗るという特徴があります。

その製法の違いからか、うどんやひやむぎは乾麺だけでなく生麺もあるのに、そうめんは乾麺しかありません。

 

まとめ

まあ製法を言い出すとまた話が難しくなるので、例外は存在するにしろやはり太さで差別化するのが一番分かりやすいと思います。