読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節のことを調べるblog

季節のイベント、行事に関係あることを調べるブログ

夏でもカサカサ? 夏の乾燥の原因と対策について調べてみた。

乾燥 8月

実は夏でも肌が乾燥するらしい、ということを聞いたので調べみました。

 

a0001_017255

 

夏でも乾燥肌になる原因①「エアコンの風」

エアコンや扇風機の風が直接、肌に当たることにより水分が失われて、乾燥肌になりやすくなります。

 

 

夏でも乾燥肌になる原因②「紫外線」

日焼けしたときに肌がカサカサになった経験を持っている人は多いでしょう。

強い日光と、紫外線が水分を奪うようです。

また、汗をかくことで肌から水分が失われるのも原因のひとつのようです。

 

夏でも乾燥肌になる原因③「過度なシャワーや入浴」

暑いから何度もシャワーを浴びたり、お風呂に入ったりしがちです。

何度も身体を洗うと皮脂が流され、本来必要な分まで洗い流されてしまいます。

必要な皮脂が流されることで、肌の水分を維持しておく機能が失われ、結果的に水分がなくなり、乾燥肌になってしまうようです。

 

夏の乾燥肌対策

以下の方法は有効なようです。

  • 過度に皮脂を落とすような石鹸、ボディソープを使用しない。
  • 室内の空気を乾燥させすぎない、エアコンや扇風機の風に当たりすぎない
  • 紫外線対策をきちんと行う
  • 保湿用のクリームを使用する。

 

まとめ

夏は湿度が高いので、あまり乾燥している自覚がありませんでしたが、実は肌が乾燥しがちなようです。

なんで、粉を吹いているのかが理解できた気がします・・・。