読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節のことを調べるblog

季節のイベント、行事に関係あることを調べるブログ

お盆の由来とは? お盆の期間とお墓参りの作法について調べてみた。

8月 作法 お盆

もうすぐお盆ですね。お盆について色々と調べてみました。

 

a0002_000581

 

お盆の正式名称

正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言うようです。

お正月と同じく重要な行事の一つで、旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式を刺します。

 

お盆の由来

先祖の霊があの世から戻ってきて、また、天に帰っていくという日本古来の信仰と、仏教の行事が結びついたものとされています。

そもそも、お盆の期間は?

地方によって様々ですが8月13日から16日までを「盆」と言うことが多いようです。

7月1日を盆の始まり、7月全体を盆の月とする地域など意外に幅広いのです。

東京などでは7月15日を中心に行うようですが、農村地区では8月15日を中心に行われることも多いようです。

なお、13日の最初の日を「迎え盆(お盆の入り)」、16日の最後の日を「送り盆(お盆の明け)」といいます。

 

お墓参りの持ち物と作法

お供え物、掃除道具、お参り道具を持っていくのが良いでしょう。具体的には以下の通りです。

  • お供え物:花・菓子・果物・飲み物
  • 掃除道具:掃除用の水、ブラシ・ほうき・雑巾・バケツ・ゴミ袋など。
  • お参り道具:線香・ろうそく・マッチ

まずは掃除用の道具でお墓をキレイにし、そしてからお供え物を供えます。

このとき、果物などは食べられるように皮をむいた状態にし、お菓子などは袋から出した状態にするのが基本のようです。

最後に線香に火をつけて個人を偲びます。

なお、線香を消すときは息を掛けるのではなく、ウチワなどで消すようにしましょう。(仏教では息は不浄とされているようです。)

原則的にはお墓参りに作法は無いようですが、供えたものはその場で食べるか、必ず持ち帰るようにするのがマナーのようです。
※祖父母の墓だけでなく、先祖代々の墓を巡るのも良いと思います。

自分のルーツを知ると意外な関連性が見えてくるかもしれません・・・。