読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節のことを調べるblog

季節のイベント、行事に関係あることを調べるブログ

パスタとスパゲッティの違いについて調べてみた

料理

パスタとスパゲッティ。

どっちが正しいのか分からないので、調べてみました。

 

a0002_010946

 

パスタとスパゲッティの違い

ざっくりと言うと、スパゲッティというのは単なるパスタの中の種類のひとつに過ぎないという事です。

パスタはイタリア料理の小麦粉で作られた麺料理全般の事を言いますが、太さや形などでさまざまな名づけ方がされています。スパゲッティはそのうちの1つということです。

太さによってスパゲッティより細いものだとスパゲッティーニ、さらに細いとヴェルミチェッリやカペリーニなどどんどん名前が変わっていきます。

さらに平麺であるタッリアテッレ、ラザニアなんかも平麺に分類されます。

また形にも色々な形が存在しており、ペンネやラビオリ、ニョッキなどといったものは、その形からは日本人には麺料理としてのイメージが沸かないと思いますが、イタリア料理ではそれらも麺料理という括りに入っています。

 

スパゲッティの由来

スパゲッティの名前の由来としては、イタリア語でひもを意味するスパゴから来ていると言われています。

さまざまな種類があるパスタの中でも、日本に最初に入ってきたのがそのスパゲッティでした。私が子供の頃などは喫茶店や洋食屋に行くと、だいたいナポリタンかミートソースのスパゲッティを食べていましたし、某有名メーカーなどが茹でてあるスパゲッティを販売し家庭にも浸透していったので、パスタ=スパゲッティのイメージが確立されていったようです。