読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節のことを調べるblog

季節のイベント、行事に関係あることを調べるブログ

クリスマスが12月25日である理由とは? ツリーの意味は? イブとの違いは?

12月 クリスマス ツリー

The Gift

日本ではクリスマスというと、12月にカップルがデートをする日ということで知られています。

多くの人が「イエス・キリスト」の誕生日だということを知っているのですが、24日のクリスマスイヴが終わると早くも頭の中はお正月に切り替わっている人もいるでしょう。
クリスマスとはどの様なイベントなのか、意味や由来について知っておき、会話のネタにしましょう。

 

クリスマスは12月25日ではない?

当時の人々は、冬になると収穫を感謝して家族や友人同士が集まり、楽しく会食をして冬を乗り切る準備をしていました。

そこへイエス・キリストが誕生した日が重なり、現在の様な意味合いに変わったものと言われています。

たまたま12月25日が太陽の神を祭る日だった為に、異教徒にも馴染み易いことから12月25日をクリスマスと定めました。

つまり、キリスト教の聖書上ではどこにも「12月25日」とは記載されておらず、宗派によってはクリスマスの日にお祝いをしない人達もいるのです。

因みにキリストが馬小屋で生まれたのは、ヨゼフとマリアが戸籍の書き換えの為に故郷へ戻らなければならなかった為であり、決して貧乏だった訳ではありません。

 

クリスマスとクリスマスイブとの違いは?

クリスマスイブは「イヴ=evening」ということでクリスマス前夜と思っている人もいますが、意味が少し違います。

キリストが誕生した時代は「ユダヤ歴」が使用されていて、太陽が沈んでから1日が始まるというものでした。

つまり、12月24日の夜は既に25日の始まりであり、既にクリスマス当日を意味しているのです。

海外では25日の朝からミサが行われていて、既にお祭りが終わった様な日本とは雰囲気が違います。

 

クリスマスツリーの由来とは?

クリスマスツリーは、海外ではモミの木など本物の常緑樹を使用します。
由来はドイツと言われ、モミの木の精である小人が人々に幸せをもたらしてくれるという信仰がありました。

冬になっても緑の葉であるモミの木の生命力を祭り、ロウソクを飾って小人達に更なる幸せを運んでくれる様に願うという習慣があり、そこからクリスマスツリーができたのです。

トップツリーついてはキリストが生まれた時に、東方の三賢者達を馬小屋まで導いた星を意味しています。

 

アメリカのクリスマスのごちそうって?

日本ではクリスマスのごちそうといえばローストチキンですが、実はアメリカでは「七面鳥」た食べられています。

日本のスーパーでたまに脚などが売られていますが、かなり大きく丸ごとで売っていることは殆どありません。

七面鳥は海外では「感謝の気持ちを表す食べ物」とされて、お祭りの時に食べられる習慣がありました。

これがクリスマスにも広がったのです。


日本では外国の習慣に便乗しているクリスマスですが、海外では家族が集まって感謝を捧げながら過ごす一日とされています。
豪華さばかりを求めるのではなく、今側にいる人を大切にする一日にしたいものですね。"