読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節のことを調べるblog

季節のイベント、行事に関係あることを調べるブログ

世界中のクリスマスケーキ!

12月 クリスマス ケーキ フランス ドイツ イギリス イタリア

日本でクリスマスケーキというと、イチゴがトッピングされている白いクリームケーキが一般的です。

ケーキ屋だけではなく、スーパーやコンビニの店頭でもイチゴのクリスマスケーキが売られています。

しかしこれは日本独特の習慣で、海外のクリスマスケーキは意外と「白くない」ケーキが多いのです。

 

・日本でも人気、フランスの「ブッシュ・ド・ノエル

ブッシュ・ド・ノエル」はフランスで一般的なクリスマスケーキで、最近では日本でもちょっとオシャレな洋菓子店でクリスマスケーキとして販売される様になりました。
「ブッシュ=木」「ノエル=クリスマス」という意味で、ロールケーキを土台にして作ります。

昔からフランスではキリストの生誕祭には家族が集まり、暖炉に薪をくべながら一晩お祝いをする習慣がありました。

ブッシュ・ド・ノエル」はこの薪をイメージして作られたのです。

 

ドイツの「シュトーレン

ドイツでは、クリスマスが近づくとドライフルーツをブランデーなどで何か月も浸けこんでおき、それがぎっしりと詰まった長いパンを焼きます。

たっぷりのバターで焼き上げるので日持ちが良く、ケーキというよりはパンに近くなります。

シュトーレン」には「坑道」という意味があり、トンネルの様な形をしている為に名づけられました。

表面に粉砂糖が振り掛けてあり、これが産まれたばかりのキリストを産着でくるんでいる姿に見立てていると言われています。
キリスト生誕を祝う為に、身内や親しい友人達とパーティーを開くのですが、その際にこの「シュトーレン」を薄く切って食べます。
クリスマス当日よりも、アドヴェントというクリスマス前の期間の週末に食べるのが一般的です。

 

イタリアの「パネトーネ」

イタリアではクリスマスの時期だけではなく、冬になると伝統的な菓子パンを焼きます。

「パネトーネ」は、レーズンやプラムをドライフルーツにして、それを生地に混ぜた甘くてふっくらとしたドーム型のパンです。

日持ちが良いのでクリスマス前に作りますが、クリスマス当日にももちろん食べられます。

 

イギリスの「クリスマスプディング」

プディングというとプリンというイメージがあらいますが、パウンドケーキに似た食感のお菓子です。

プディングにはドライフルーツやナッツだけではなく、スパイスも入れて焼きますので独特の香りがします。

作る際には家族一人一人が木のスプーンでかき混ぜながら願い事をするという習慣があります。

そしてプディングの中に、コイン・指輪・指ぬきを入れます。
「コイン=お金持ちになれる様に」「指輪=結婚できる様に」「指ぬき=幸せになれる様に」と言う願いを込めて作るクリスマスケーキです。

 


海外のクリスマスケーキは日本と違って自宅で作ることが多く、ロウソクは立てません。
イベントの締めくくりというよりは、家族でキリストの生誕を祝う為のデザートという感覚になります。"