読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節のことを調べるblog

季節のイベント、行事に関係あることを調べるブログ

子どもと作る手作りのクリスマスケーキ。その魅力と作り方

12月 クリスマス ケーキ

クリスマスの楽しみの一つと言えば、クリスマスケーキです。多くの方がケーキ屋さんにオーダーしたものや、スーパーで売られているクリスマスケーキを購入しますが、小さなお子さんがいる家庭であれば、手作りのクリスマスケーキも悪くないものです。

今回は、子どもと作るクリスマスケーキの魅力と、簡単に作れる方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

子どもと作るクリスマスケーキの魅力

お子さんがまだ小さい世代のお宅では、クリスマスケーキを一緒に作ることで親子の触れ合いの時間が作れます。ケーキ作りはお子さんにとって大変興味深い作業で、男の子も女の子も喜んで手伝ってくれるでしょう。ケーキを一緒に作ることで、子どもの食育にも役立ちますし、何より親子の触れ合いと言う貴重な時間になります。作る時も食べる時も、会話が弾む楽しいクリスマスになること間違いなしです。

 

簡単なケーキ作りなら、市販のケーキ台がおすすめ!

主婦の方でも働く機会が増え、忙しいお母さんにとってはケーキ作りの時間を捻出するのは難しいケースも多いでしょう。そんな時は、市販のケーキ台を利用すれば短時間で負担なく作れます。やはり手作りケーキの醍醐味は、デコレーションの段階です。クリスマスが近くなると、ケーキ台やクリスマス用のデコレーションのお菓子などが販売されていますから、それらを利用するのが便利です。


ケーキ台を使った、クリスマスケーキの作り方

(材料)

ケーキ台、生クリーム、フルーツ(フルーツの缶詰、苺やキウイなど)、クリスマス用のデコレーション菓子(チョコ、サンタの菓子など)

 

(作り方)

  1. 市販のケーキ台を上下2段にカットします。
  2. デコレーションするフルーツを用意しておきます。缶詰のフルーツはキッチンシートの上などで水分を切っておきます。苺やキウイなどのフルーツは、カットしておきましょう。
  3. デコレーションのスタイルを絵などに描いておくと綺麗に仕上げられます。
  4. デコレーションのスタイルは、色々なケーキの写真を参考にすると良いでしょう。お子さんと一緒に仕上がりイメージを絵に書いておくのも、楽しい作業です。
  5. ボールに生クリームを入れて泡立てます。お子さんにも手伝ってもらいましょう。角が立つくらいまでしっかり泡立てます。(脂肪分の高い生クリームなら、ケーキ屋さんの味に近いものを作ることが可能です。より手軽に作るなら、泡立て済みの生クリーム(絞り器に入ったもの)が便利です。)
  6. ケーキ台の下段に泡立てた生クリームを塗ります。
  7. その上にフルーツを載せます。
  8. 上段のケーキ台を載せます。
  9. ケーキ台全体に生クリームを塗ります。
  10. 仕上がりイメージに合わせて、生クリームの絞り器を使ってデコレーションします。
  11. フルーツを彩りよく飾ります。
  12. デコレーション用のお菓子を飾って完成です。

 

※絵や文字が書けるチューブ式のチョコレートを利用して、クッキーやチョコにオリジナルなデコレーションをして、クリスマスプレートを作るのもおすすめです。

 

以上が大まかなクリスマスケーキの作り方です。お子さんと一緒に作る手作りケーキの場合は、仕上がりの美しさよりもお子さんが楽しんで作れることが大切です。上手にできるよう適宜アドバイスしながら、思う存分作らせてあげると楽しい時間になるでしょう。

"